お直しのこと: お直し工房 クローゼット


ファスナーって沢山種類があるんです!



服のお直しの一つにファスナー交換があります。
ファスナーが壊れて使えなくなった時の交換はもちろんのこと
他にも・・・
   丈を短くする為にファスナーを交換したり  
   プルオーバー(かぶりの服)にファスナーつけて前空きの服にしたり
   パンツの裾をファスナーで開くようにしたり  
                        などなど

いろんな場面でファスナーを使用します。
そこで登場するのが 「ファスナーの別注」 です。


ファスナーの種類や大きさ、色に長さにつまみの形状など
沢山の中から選べ、自在にオーダーできるんです。

    ファスナー 1.jpg

     <耳の色見本>

    ファスナー 2.jpg

     <つまみの形状見本>

    ファスナー 3.jpg

     <つまみの形状見本>



とにかく沢山種類があるので、こちらでご希望を聞いてカタログにてご提案したり
もともとあるものと同等のものでご用意することも可能です♪


ちなみに、先日オーダーしたものはこちら↙
 
     ファスナー.jpg
     

ファスナーの頭の部分(スライダー)についている黒いものは
ファスナーを縫付けた後にとりはずして、以前使用していたつまみ(引き手)をつけることが可能なファスナーです。
このファスナーだとブランド名が入ったファスナーも交換できる優れもの。

まぁ、すべてのつまみがつくわけではないのですが・・・💦



このカタログ開くたびに夢が広がって、ちょっと幸せな気分になります(笑)


ちなみにオーダーは一着(1本)から受付します❗
ただ、納期に日数がかかってしまうので、使用日が決まっているときは前もってご相談ください❗

ファスナーの交換やデザイン変更したいときなど、ぜひお気軽にどうぞ✨













スカートのお直し・・・



4月はスカートのお直しがお得なので、スカートについて少し・・・


スカートのお直し、されたことありますか?

スカートの場合、デザインや体形によるウエストの位置が重要になってきます。

パンツのような股がない分、体形によってウエスト位置が上にも下にも動くのです。
ここで重要なのが、スカートのデザイン。
本来の位置関係で履くためにどこのお直しが必要なのか!なのです。
まぁ、どこの位置関係で自分は履きたいか!でもあります💡


ウエストのサイズを変更したり
腰周りの幅を変更したり
裾の幅を変更したり
長さ(丈)を変更したり・・・など

一部をお直しすることで劇的に体形に合ったり
ほんの少しの調整で見栄えがよくなったり・・・と
スカートのお直しも奥深いのです。

気に入ってはいるのになんだか疎遠になっているスカートありませんか?

実は体形に合っていないから・・・という理由かもしれません。

お見立てしながらご相談も承ります。
ぜひお気軽に足をお運びくださいね✨







肩幅のお直し・・・



4月は「肩幅」のお直しがお得です。

ジャケットのように肩幅が合っていないと違和感があるデザインはもちろんのこと、カジュアルなブルゾンやカットソーなども自分の体形にあっていると見た目も着心地も変わってきます!!

ちなみに、肩幅が関係なさそうな袖のない「ベスト」や「ノースリーブ」。
実はとっても肩幅の影響がでるアイテムなんです。

なんだか着ていてもしっくりこないなぁ・・・
来てはみるけど、結局違和感を感じて着ないでいる服ありませんか?

もしかしたら、肩幅が原因かもしれません💡

お気軽にご相談くださいね✨





袖幅のお直し??


3月のお買い得なお直し「袖幅」。
洋服のサイズを小さくする上で、実はとっても重要な部分なんです。

身幅(横幅)を小さくすると、袖幅とのバランスが崩れたり
シルエットを細く見せるのに袖幅がポイントだったりするのです。
そのことがわかりやすいのがこの写真↘

   2177.jpg
  <ストーンアイランド STONE ISLAND ダウンジャケット>

こちらのダウンは袖幅を細めるお直しです。
このお直しでフィット感や見た目のシルエットがガラッと変わりました。
もちろん、すべてのお直しが袖幅だけで・・・とは難しいですが
かなり重要なポイントなのです♪

お手持ちのお洋服など、気になるものがあれば
お見立ていたしますので、お気軽にご相談くださね✨





リペアのお直しって・・・


今月お買い得にお直しできる「リペア」。
リペアとはこんなお直しです。↘


     2111.jpg


デニムパンツなどのビリッと破れてしまったところを
いい感じ(死語ですかね 笑)に穴埋めすることです。

安く済ませるコツは・・・
穴が小さいうちに補修すること!!

履くたびに足を引っ掛けてビリッ!
洗濯のたびにビリッビリッ!!
・・・と大きくなってしまうとお直しの範囲も広がり
その分お直し代金も高くなってしまいます。

まだ穴や破れが小さいうちにご依頼くださいね✨